おしりブツブツを薬で

薬で治すお尻のブツブツは、セルフケアより皮膚科が近道!

お尻に、ある日突然に、お尻にブツブツができていることがあります。
場所が場所だけに、一刻も早く治したいものです。

 

主なセルフケア

 

  • 保湿を欠かさない
  • 下着を刺激の少ない材質のものに変更
  • 市販の治療薬を購入

 

でも、それらのセルフケアでも治らないことはあるものです。
そんな時は、迷わずに皮膚科へ行きましょう。

 

 

お尻のブツブツを皮膚科で治す

 

病院の皮膚科でお尻のブツブツを治療するときには、ほとんどの場合、薬物治療が行なわれます。

 

一般的に処方される薬としては、「塗り薬」と「飲み薬」の2種類です。
お尻ニキビや、吹き出物などに処方される薬には、次のようなものがあります。

 

塗り薬

 

ほとんどの薬物治療のケースでは、最初に塗り薬を使用します。

 

  • 抗菌剤…菌を退治する薬
  • 抗炎症剤…炎症を抑える薬
  • 皮脂分泌抑制剤…過剰な皮脂の分泌を抑える薬

 

塗り薬には、おもにステロイド外用剤と、非ステロイド性抗炎症外用剤(非ステロイド剤)があります。
症状がひどいケースや、薬が効きにくい時には、ステロイド外用剤を使用します。

 

効き目が強いだけに、少しずつ様子を見ながら処方されることがほとんどです。
軽い症状や患部が広範囲の場合には非ステロイド剤を使用します。
いずれにしても、担当医の指示に従って使いましょう。

 

飲み薬

 

  • 抗生物質…アクネ菌など、菌が繁殖した際に、菌を抑え赤みを改善します。
  • ビタミン剤…肌の新陳代謝を高めたり、皮膚組織の回復を早めます。

 

これらの薬物治療を一定期間続けていくことで、症状に改善が期待できます。

 

「お尻のブツブツは、人に相談するのが恥ずかしい」
「病院に行く時間がない」

 

こう考える人にとっては、セルフケアは手軽かもしれません。

 

しかし下手にお尻のブツブや吹き出物を放置しておくと膿んでしまう可能性があります。
なるべく病院で適切な処置を受けましょう。もしお尻の吹き出物が膿んでしまった場合は、病院に行くか、下記のサイトを参考に対処してみてください。
お尻の吹き出物に膿が溜まった場合の対処法

 

しかし、市販の薬は、使い方によっては、あなたの肌に合わないという場合もあります。
ですから、お尻のブツブツは皮膚科で治療することをおすすめします。